糖尿病と冷え、しっかり対策しないと合併症を起こす危険性があります。

生活習慣病である糖尿病は、一度患ってしまうと治らないのでとても厄介です。

糖尿病だけでも大変な治療になりますが、更に怖いのは冷え性になっている糖尿病の方です。
この場合、合併症の可能性もあり、真剣に対策をしないともっと大変な事態になってしまいます。

糖尿病の人は、食事をしたあとに高くなる血糖値を下げる働きを持っているインスリンの分泌が低下してしまっているのですが、どうしても血糖値が高くなってしまうために血液の中に脂肪やコレステロールが蓄積されてしまいやすく、血液の流れが悪くなっています
これが原因で冷え性になってしまうことがあるのですが、細かな血管にまで血液が届かなくなってしまうために、老廃物の排出が出来ず、更に血中濃度が高くなってしまって、血栓が出来てしまう合併症の可能性も高まってしまいます。

対策として、血液サラサラ効果のある黒酢や唐辛子のカプサイシン、体内の活性酸素を減少させてくれる酵素などをサプリメントで摂取するというのも良いと思います。
水分摂取も大切ですが、無理に水分ばかりを摂取してしまうと、急に血液の濃度が変わってしまい、体調不良になってしまうことがありますから、出来れば毎日同じ量を摂取することが出来るサプリメントを摂取するのが良いと思います。

糖尿病と冷え性には意外な関係性があり、きちんと対策をしなければ、怖い合併症に繋がってしまいますから注意するようにしましょう。

おすすめの対策サプリメント

血行を良くして冷え性を徐々に改善していく冷え性対策ができるサプリメントがあります。

糖尿病の場合、冷え性自体に対策をするのではなく、血行を良くして結果的に冷えを解消していくことが大切です。
ただ冷え性に良いというものばかりを摂るのではなく、冷えや血行、代謝アップを助けてくれる成分を総合的に摂れるサプリを選んだ方が良いと思います。

ピップの「めぐりの十一源」

ピップが企画し、製薬会社が販売するサプリに、冷え性だけでなく血行や代謝を促進して健康をサポートするサプリメント、「めぐりの十一源」があります。
代謝を促進するヘスペリジンや冷え対策になるしょうがやにんにく、ポリフェノールが摂れる武道種子エキスなど11種類をギュッと凝縮したサプリで、とにかく血行を促進することにこだわって作られています。
冷え性対策のサプリメントとしては効果は薄いものなのですが、冷えだけでなく血行や代謝も総合的にケアできるサプリとしては他にないのではないかと思います。

今なら1週間分が980円でお試し可能ピップの「めぐりの十一源」を試してみる

このページの先頭へ